体の変化と妊娠生活|妊娠9カ月 32~35週

大きなおなかに押されて不快な症状がおなかの「張り方」にも気をつけて

子宮底はみぞおちのあたりまで上がってくるので、胸やけや胃もたれなどの不快感が強まり、一度にたくさんの量が食べられなくなってきます。大きくなった子宮に胃や心臓、肺などが圧迫されることで起こる動悸や息切れなどのトラブルもこの時期がピーク。おなかの赤ちゃんの頭で膀胱が圧迫されるため頻尿や尿もれなども増えてきます。膀胱炎の予防のためにも、下着はこまめにとりかえて清潔を心がけてください。
また歩くと足の付け根や恥骨のあたりに痛みを感じる場合があります。これは赤ちゃんの頭が骨盤のなかに入ってきたという証拠、つまりお産が近づいてきたという意味です。
そろそろ1日に何度か不規則なおなかの張りを感じるようになってきます。静かにしていればおさまるような張りであれば、生理的なものなので心配はありません。張りがおさまらず、痛みが強くなる場合は切迫早産の可能性もあるので、すぐに受診しましょう。
里帰り出産を希望している場合は9カ月半ば(34週ごろ)には、実家に戻るようにしたいもの。とはいえ、産婦人科医が不足している状況では、以前里帰り出産を受けいれていた産院でも、今はできない、という場合もあります。そうでなくても、妊娠後期になってからでは予約できない場合も多いでしょう。いずれにしても、「里帰り出産するかも」と思った時点で、なるべく早く産院に確認しておくことが大事です。