妊娠9カ月(32~35週)のママへ

子宮が内臓を圧迫し、胃もたれや動悸が

子宮はみぞおちのあたりまで上がるため、胃が押し上げられて、つわりのときのような胃のむかつき感を再び感じる人もいます。心臓や肺も圧迫されて、動悸や息切れといった症状も目立つように。膀胱も圧迫するため、頻尿や尿もれの症状が強くなります。おなかはさらに大きくなるので、足の負担がいっそう強くなり、足の付け根が痛んだり、つったりすることがあります。むくみやすくもなりますし、おなかの張る回数も増えてくるので、疲れたら無理をせず横になって休みましょう。

肺の機能が完成し、顔もふっくら

皮下脂肪が増えて、体がふっくらし、顔のしわも消えていきます。外見的には新生児とほとんど変わりません。肺の機能も完成し、対外での生活も可能ですが、体温調節などはまだ未熟なので、もう少しママのおなかで成長する必要があります。全身の産毛が消え、胎脂が増えます。胎脂は、新陳代謝で皮膚からはがれた細胞や皮脂腺からの分泌物などで、体を保護してくれています。胎脂の下の皮膚はピンク色になっています。髪の毛も長くなり、つめは指の先端まで伸びてきています。骨や歯の成長のためにも、しっかりカルシウムをとるようにしましょう。