妊娠中のマイナートラブル

脳貧血・頭痛・耳鳴り・便秘

脳貧血と頭痛、耳鳴りが同時に起こっている妊婦が多く見られます。というのも、その根っこは同じだからです。妊娠すると体質が変わり、脳にいく血液量が減ります。そのため、これらの症状が起こるのです。特に妊娠前に冷え性だった人に起こりやすい症状です。対処法は、血液循環をよくすること。軽い運動をするといいでしょう。初期にできるのは散歩くらいですが、気分転換にもなるのでおすすめです。
便秘は、初期ばかりでなく、中期以降にも見られますが、原因は異なります。初期は、つわりで食べられないため、中期以降は、黄体ホルモンが分泌されて腸の働きが鈍くなるために起こります。便秘対策は規則正しく生活をして食事を3食きちんととり、排便リズムをつくること。適度な運動をすることも大切です。強い下剤は子宮を収縮させ、流・早産を招くおそれがあるので、便秘薬は必ず産婦人科で処方されたものを服用しましょう。
痔は肛門にできる静脈瘤。腸や肛門が子宮に圧迫されて血液循環が悪くなり、肛門のまわりにうっ血が起こります。また便秘になり、排便時に強くいきむことも原因に。塗り薬や坐薬は妊娠に影響ありません。入浴や座浴をしてお尻を温め、血行をよくするのもいいでしょう。