よくわかる妊婦健診

妊娠経過をチェックする大切な健診

妊娠中、定期的に受け、赤ちゃんが順調に育っているかどうか、妊娠高血圧症候群などの合併症がないかどうかなどを確認するのが妊婦健診です。
妊婦健診は、妊娠がわかってから出産まで、病産院に定期的に通院して受ける健診のことです。妊娠23週(6カ月)までは月に1回、24~35週(妊娠7カ月~9カ月)までが2週間に1回、妊娠36週(10ヶ月)以降は1週間に1度のペースで受けます。妊婦健診の大きな目的は、流産や早産、子宮頸管無力症などの異常や、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの早期発見です。妊婦健診で何かしらの異常が見つかれば、早めに治療や指導を行い、安全なお産を導くことができます。また、妊娠中の生活指導や体重管理など、生活上のアドバイスを受けたり、妊婦さんが抱いている不安や心配を医師や助産師に話して、解決する機会でもあります。
なかには、妊婦健診をとびとびにしか受けないという人もいるようですが、たとえば前回の健診で問題がなくても、急に妊娠高血圧症候群になることもあり、1回受けなかったために発見が遅れて、進行してしまうこともあります。妊婦健診は定められた回数を必ず受けるようにしてください。