妊娠末期32~35週 妊娠9カ月|お産に向けた準備、赤ちゃんを迎えるための準備を終わらせておきましょう

心配なことは医師や助産師に相談して解決しておく

「20代にくらべてお産に時間がかかりそう」「いきむだけの体力があるかしら?」など、お産が近づくにつれ、不安が大きくなる人も多いでしょう。でも、お産を迎える前からあれこれマイナスなことばかり考えていてはダメ。マイナスな気持ちが押し寄せてきたら「元気な赤ちゃんを産むためにがんばる」と気持ちを切り替えてください。そして、呼吸法や陣痛の逃し方などをおさらいし、心配なことは医師や助産師に相談しましょう。ママの体のほうもお産に向けた準備が進み、膣や子宮口がやわらかくなります。そのため、おりものが増えることがあります。外陰部がかぶれたりするようなら受診してください。また、夕方になると足がむくみやすくなります。足に負担のかからない靴を履いたり、足を高くして休むとよいでしょう。
このころになると、「もういい加減大丈夫だろう」と、食生活や体重管理に気をつかわなくなる人がいます。でも妊娠高血圧症候群は、妊娠末期になって急に進行することも少なくありません。せっかくここまでがんばったのですから、最後まで、食生活に気を配り、健康な状態でお産を迎えてください。里帰り出産を予定している人は、34週ごろまでに里帰りするようにします。紹介状が必要なときは、早めに申し出るようにしましょう。