リハビリ期の骨盤周囲の調整と開脚ストレッチ

大腿骨を動かして股関節を大掃除

出産後、骨盤周りが不安定でうまく歩けず、愕然とするかもしれません。これは下腹部に力が入りづらくなっていることもありますが、股関節を支える靱帯の状態も原因の1つです。
妊娠中に産道を確保するため、関節が緩むように筋肉や靱帯を軟らかくするホルモンが分泌されます。その影響で産後も関節はグラグラしています。また、妊娠中に上半身の体重でまた関節が圧迫され血流が滞るため、股関節の痛みや違和感を覚える人もいるかもしれません。このような状態のまた関節をリハビリするには、骨盤を固定し、大腿骨を動かす体操がおすすめです。

重力も使って効果的な筋トレに!

産後の下半身は、尿モレ、子宮下垂、そけい部の黒ずみ、むくみ、冷えなど不調ばかり。そこで鍛えなおしたいのが内転筋。そけい部から太ももの内側にかけての筋肉を鍛えることで、股を締める力がつき、尿モレや子宮下垂を予防します。
妊娠中や産後は、股関節に上半身の体重がかかるため、関節が詰まりやすくなります。
すると、血流、リンパの流れが鈍くなり、冷えやむくみを引き起こします。圧迫されたそけい部には老廃物がたまって黒ずみの原因にも。関節の詰まりを取り、老廃物を押し流すためにも、内転筋の筋トレとストレッチは効果的です。

産後の栄養補給にオススメのマタニティスープの毎月お届けコースは「マタニティスープ まとめ」で検索してみてください。