おっぱいの出と乳汁ホルモンとの関係

実は、おっぱいは見えるホルモン

赤ちゃんがママのおっぱいを吸えば吸うほど子宮は収縮し、回復していきます。
それは赤ちゃんが乳頭を吸う刺激によって、子宮の収縮に関係するオキシトシンというホルモンが分泌されるためです。
子どもを産んだら母乳は自然に出るものだと思っていませんか?もちろん何の苦労桃もなく、母乳が出るママもいます。しかし、おっぱいが思うように出なくて、やむなく断念するママも少なくありません。

おっぱいを出す練習を始めよう

特に初産のママは、母乳が出ないことに不安になりがちですが、赤ちゃんの吸引力とママの乳腺の太さとの相性など、母乳の出にはさまざまなことが関係しています。何事も初めはうまくいかないもの。練習だと思って、授乳を続けてみましょう。本来母乳は、赤ちゃんが乳頭を吸えば出てきます。その時に関係しているのもオキシトシン。授乳をすることは、赤ちゃんのためだけではなく、ママのためでもあるのです。このように、ホルモンと深いかかわりのあるおっぱいは、とてもデリケート。ママの精神的な影響を受けやすいため、焦りや不安は禁物です。

授乳をスムーズにするために食事と乳頭マッサージは大切

母乳が出ない場合の対策は2つ。1つは乳腺や乳管を詰まらせないように、食事の内容に気を付けること。もう1つは、乳頭を刺激して、オキシトシンを分泌させること。乳頭マッサージを始めましょう。

※出産祝い・妊娠祝いに喜ばれるマタニティスープはこちらから