妊娠初期に必要な栄養素

妊娠初期に必要な栄養素

赤ちゃんができて、パパといっしょに喜んでいるのもつかの間、つわりで食べ物を満足に食べられず、赤ちゃんに必要な栄養素がなかなか取れないママが多いようです。
必要な栄養素を摂るべきではありますが、とくにカルシウムの摂取が重要と言われています。カルシウムが多い食品は牛乳やヨーグルトなどの乳製品、魚、モロヘイヤや小松菜など一部の野菜です。牛乳はほかの食品より吸収率が優れているので1日1杯飲むようにすると効果的です。体質的に飲めなかったり、つわりが原因で牛乳が飲めないママは、ヨーグルトやチーズなどの乳製品を食べることでも問題ありません。 カルシウム以外にも葉酸やビタミン、マグネシウム、亜鉛、リンも重要な栄養素になるので、産婦人科で妊婦が必要になる栄養素を教えてもらえる場合が多いです。
妊婦さんになぜ、カルシウムが必要なのでしょうか。それは赤ちゃんの骨や肉を作るのにカルシウムが使われるからです。基本的には妊婦さんが食べたものから吸収されますが、不足している時は妊婦さんの歯や骨から赤ちゃんへ渡ります。それでも不足すると、赤ちゃんのカルシウム量が減り、骨や肉を作れなくなってしまいます。血液の状態にも影響があり、カルシウムを摂取すると「妊娠高血圧症」を防ぐ効果があります。そのため、妊婦さんは、普通の人と比べて1.5倍ものカルシウムが必要です。 出産経験がある女性と無い女性のカルシウム量を比べると、無い女性より出産済みの女性の方が骨粗しょう症や骨折するリスクが高いという研究結果が出ています。出産後、元気に過ごすためにも妊娠初期に栄養にはじゅうぶん気をつかいましょう。