妊娠初期からの食事が大事

妊娠初期からの食事が大事

妊娠初期とは、妊娠4~15週のことを指します。妊娠が発覚したら、すぐにでも食生活を見直してみましょう。脂っこいものや味の濃いものばかりを食べていては、自分の体はもちろん、赤ちゃんに良い影響は何一つ与えません。
そもそも、妊娠をすると悪阻が出ることが多く、食の好みもこれまでと全く違ったものになることが多いと言われています。しっかりと食べることも大切なのですが、あまりにも偏った食べ方をしていては、赤ちゃんの体を生成するために必要な栄養素を摂ることができません。妊娠中に必要となる栄養素は、妊娠初期から積極的に摂取していくことが大切なのです。中には、妊娠中の摂取が足りないと胎児の成長に影響を及ぼしてしまう栄養素まであるので、必要な栄養については事前にしっかりと把握しておくようにしましょう。
妊娠中に必要な栄養素妊娠に必要な栄養素というのは一つだけではなく、いくつかあります。なるべく積極的に摂取することで、自分にも胎児にも良い影響を与えてくれますよ。

葉酸

葉酸は、妊娠してからだけでなく妊娠前にも摂取することが推奨されている栄養素です。
葉酸を適切に摂取することにより、胎児の細胞増殖を促し、無脳症や神経障害になるリスクを減らすだけでなく、流産のリスクをも減少させてくれます。妊娠初期には、1日におよそ480mgの葉酸を摂取することが推奨されています。ほうれん草やブロッコリー、いちごなどに多く含まれているのですが、葉酸は熱を通したりする調理過程で半分以上が失われてしまうと言われているので、食べ方や食べるタイミングを工夫するか、サプリメントを使用するようにすると良いでしょう。