入院

入院

入院のタイミングは陣痛が始まったときですが、破水や大量出血、はげしい痛みや発熱があった場合も病院に連絡します。緊急を要する場合でなければ、家の人の運転やタクシーなどで病院に行きますが、余裕があるようなら家を出る前にお化粧を落とし、コンタクトレンズをしている人はメガネに替えておきましょう。また、火の元と戸締りも忘れずに。ひとりきりのときにお産が始まって入院することになってもあわてることのないよう、家を出る前にすべきことは前もって確認しておきたいものです。

病院に電話する

陣痛が始まったら入院のタイミング。病院に連絡して、陣痛が始まった時間や現在の間隔、おしるしの有無、破水の有無などを報告します。それによって、病院のほうからそのまま自宅で様子をみたほうがいいのか、すぐに病院に向かったほうがいいのか指示してくれます。

持っていくもの

入院する時には、母子手帳や保険証、診察券、小銭など最低限のものがあれば大丈夫です。
荷物を持っていけるときは、パジャマや下着、洗面道具など、すぐに使うものを持参しましょう。そのほかの入院中、退院時に必要なものは、あとから家族に持ってきてもらえばいいのです。

出産に向けて、妊娠初期から食事に気をつけて、準備をしていきましょう。