陣痛

お産の兆候

お産が近づくと、いろいろな症状が現れてきます。でも、実際のお産は陣痛や破水から。
あわてず冷製に対処しましょう。
すぐに病院に連絡して入院する必要があるのは、破水したときと、本当の陣痛が起こったとき。これも、子宮口が開くまでには時間がかかりますので、慌てる必要はありません。
おしるしはない人もいますし、あっても陣痛を予測するもので、多量の鮮血や血の固まりが出たとき以外は、すぐに病院に行く必要はありません。また、たとえ陣痛を感じても痛みの間隔が不規則の間は前駆陣痛です。もう少し様子をみて、症状が変わったら病院に連絡すればいいのです。

お産の前ぶれ

子宮口が開くために、伸びはじめに出る血液が混じった粘液性のおりものがおしるしで、おしるしが出れば間もなくお産が始まります。お産に向けて心の準備をしておきましょう。
いつ陣痛があわてないよう、心構えが必要です。ただし、お産の兆候は人それぞれ。おしるしが出ない人も少なくありません。

陣痛の目安

臨月にはおなかが頻繁に張ることがありますが、15分間隔くらいまで周期的になることがあっても、その後しだいに痛みが遠のいて消えてしまうようなら、まだ本物の陣痛ではありません。時間をはかって、初産では10分間隔、経産で15分間隔に子宮収縮がおこれば、これは本当の陣痛。お産のはじまりです。すぐに病院に連絡するようにしましょう。
出産に向けて、妊娠初期から食事に気をつけて、準備をしていきましょう。