赤ちゃんがやってきた!出産の流れ

赤ちゃんがやってきた!出産の流れ

① お産のサイン

お産が近づいてくると、赤ちゃんが下がって胃が楽になる、おなかがいままで以上に張る、足の付け根が痛くなる、おりものが増えてくるなどの兆候があらわれます。おしるしがあれば間もなく陣痛が来るかもしれません。

② 陣痛

規則的に張りが強くくるようになったら陣痛かもしれません。はじめは1時間おき、そのうち30分おき、20分おきと、おなかの張る間隔がだんだん短くなってきます。そして、痛みの間隔が10分間隔になったらお産のはじまりです。

③ 入院

初産なら10分間隔、または1時間に6回以上きたときが入院のタイミング。病院に電話して、すぐに病院に向かったほうがいいのかどうかの指示を仰ぎます。

④ 病院での診察・処置

子宮口の開き具合や、陣痛の間隔の強さ、赤ちゃんの心拍数をチェック。お産が始まっていると確認されたら入院が決定します。産院によって剃毛や浣腸、導尿が行われることも。

⑤ 分娩室へ

子宮口が全開大に近づくと、分娩室に入ります。病院によってはストレッチャーで移動することもありますが、ふつうはゆっくりと歩いて移動します。途中で陣痛の波がきたら、立ち止まってしのぎましょう。

⑥ いきみ開始

助産師がお産の経過に合わせて呼吸法のアドバイスをします。いきみたい感じが強くても、陣痛の波に合わせるようにして、赤ちゃんを押し出すように力を込めます。

⑦ 琲臨・発露

頭が骨盤を抜けると、いきんだときに産道の出口から赤ちゃんの後頭部が見え隠れしてきます。この状態が「琲臨」です。そのうち、陣痛の合間にも赤ちゃんの頭が見えたままになる「発露」という状態になります。会陰裂傷を防ぐため、ここでいきみはストップします。

⑧ 誕生・後産

赤ちゃんの頭が出てくれば、肩、胸、足の順にするりと出てきて、ようやく赤ちゃんが誕生します。その後、再び軽い陣痛がおこり、胎盤が子宮からはがれ出てきます。これでお産は終了です。

出産に向けて、妊娠初期から食事に気をつけて、準備をしていきましょう。