便秘と肌荒れの関係

便秘と肌荒れの関係

便秘は肌が荒れる、お腹の膨張感がつらいなど美容や体調を崩し、それが時にはストレスとなって快適なマタニティライフに悪影響を及ぼす場合があります。特に妊娠前にお通じで悩んだことが無い人ほど、妊娠後の便秘にストレスを感じるそうですが、妊婦が便秘になりやすい理由はキチンとあるので正しい知識をつけて便秘と上手く付き合っていきましょう。
毎日お通じがない場合は便秘と考えている人が多いようですが、これは間違いです。
個人差はありますが、「3日以上排便が無い状態や、硬く乾燥した便で残便感がある状態」をいいます。つまり毎日お通じがあっても硬く残便感が続くようなら便秘、逆に2日に1回のお通じでもお腹の膨張感や不快感が無く便の硬さも良好であれば便秘では無いといえます。

妊婦が便秘になりやすい理由

妊娠すると便秘になる人が増えますが、これにはホルモンの影響と、子宮の成長に伴うものと2つの理由があります。
妊娠中に分泌される黄体ホルモンが腸内からの水分吸収を促進します。
これは、妊娠中は体が必要とする水分量が増えるために腸内の食物から水分を取れるだけ取ろうとするからです。
すると、大腸内の便の水分量が妊娠以前より少なくなり、便が硬くなることで排出しずらくなって便秘になりやすくなります。
その他にも、黄体ホルモンには切迫流産や自然流産のリスクを軽減させるために子宮を収縮させる筋肉を弛緩させる作用があります。
その影響が腸を動かす筋肉にも影響を与えるために(同じ平滑筋な為)腸の動きが悪くなり便を排出しにくくなります。
子宮が大きくなることで腸が圧迫され、腸の蠕動運動(便を排出しようと外に送り出す機能)がスムーズに行えなくなることで便を排出することが今までより難しくなります。