出産と産褥期|体重をもとにもどそう

産後に効果的な産褥体操

産褥体操には、本来、次のようなメリットがあります。

① 妊娠・出産で伸びた膣壁、骨盤内や腹壁などの筋肉の回復に役立ちます。
② 血行が良くなるので、下腹部の臓器のうっ血を防ぎ、この期間にみられる血栓症などの予防になる。
③ 子宮の収縮を促し、悪露の排泄もスムーズにする。また、乳房への血流が増すため、お乳のでがよくなる。
④ 筋肉の緊張を和らげ、痛みを解消する。逆に、靱帯を強化し、関節の折り曲げをラクにする。

いくら身体によいからといって、いきなり無理するのはもちろん厳禁で、最初は深呼吸程度のごく軽い動作からはじめましょう。そして、少しづつ運動量を増やしていけばよいと思います。
すぐにあきてしまっては効果も期待できませんので、毎日続けることが何よりも大切です。発熱や痛みのある時は、がんばらずにすぐに中止しましょう。
退院後も、最低4~6週は続けるのが望ましく、できれば3カ月は続ける気持ちが大切です。肝心な体重減少ですが、どんなに早くても1カ月はかかるとは思いますから、あせらずに気長に、毎日少しずつでも続けば、必ず効果があると信じてがんばってください。

産後のシェイプアップ

出産後、誰もが気になるのが体型です。ところが、授乳や体力の回復のためと、つい食べ過ぎてしまい、もとのスリムな体型にもどすのはなかなかやっかいです。
シェイプアップばかり気にして、もっとやせようと動きの激しいエアロビクスを含めた美容体操に励むのは、産褥期がすぎてからにしたほうが無難でしょう。
友人や家族に妊婦さんがいたら妊娠祝いを贈ってみては?きっと喜ばれますよ!