出産・育児に関する各給付金の概要と受給方法①

出産育児一時金

意外とかかる出産費用。
この負担を軽減してくれるのが「出産育児一時金」です。
最近では、健康保険から病院に直接支払ってもらう方法もあり、退院時にまとまったお金を用意する必要もなくなりました。
一時金で足りない場合は自己負担が必要ですが、余った場合は残金が戻ってきます。
この方法は始められたばかりなので対応していない病産院もあります。

・もらえる人

健康保険の被保険者または被扶養者で妊娠85日以上で出産した人

・もらえる金額

子ども1人につき最低35万円

・申請時期

病院に直接支給を希望する場合は、出産予定日の1カ月目から申請します。
出産後に給付を受ける場合は産まれてからすぐ申請します。
申請が遅れても、出産の翌日から2年以内なら申請可能です。

・受け取り時期

病産院に直接支給を希望する場合は退院する時、出産後に給付を受け取る場合は申請後約2週間~2カ月語に振り込まれます。

出産手当金

一般的に法で定められた産前・産後の休み(産前42日、産後56日)の間は給料が出ません。
産休中の生活支援のために勤務先の健康保険から給料の代わりとして支給されるのが、「出産手当金」です。
今までは勤務先を退職するママでももらえる場合がありましたが、2007年4月より対象からはずれました。
仕事を継続するママだけの制度になり、その分、給付される金額も増えました。
ただし、産休中にも給料が支払われる場合は対象になりません。

・もらえる人

勤務先の健康保険に1年以上継続加入しており、産休後に会社に復帰する予定の人。
任意継続被保険者、国民健康保険の加入者は対象外。

・もらえる金額

日給の2/3相当額×日数

・申請時期

産後57日以降が原則

・受け取り時期

申請してから約1~2カ月後