妊娠中にパパが気をつけること

飲酒と喫煙。最低限、ママの前ではたばこを吸わない

どちらも赤ちゃんに影響を及ぼすものです。
喫煙の習慣があったママも妊娠を機に禁煙する人がほとんどです。
パパがママの近くでたばこを吸うだけでも、おなかの赤ちゃんに悪影響があることを認識しましょう。

妊娠中のアルコール摂取は、コップ1杯程度なら大丈夫ですが、ストレスからママの酒量が増えてしまう可能性があるので、基本的にママは禁酒です。
パパもママの前でおいしそうに飲むのは控えたほうがよいかもしれません。

たばこの害を知っていますか?

たばこにはニコチンや一酸化炭素などさまざまな有害物資が含まれています。
たばこの煙がママの体の中に入ることによって、ママの血液循環が悪くなり、赤ちゃんに十分な酸素と栄養が行き渡らず、流・早産の原因となったり、低出生体重児の可能性が高くなります。
ママの前でたばこを吸うことは絶対に避けてください。
また、どうしても禁煙できない場合は、屋外で吸うなど気配りを忘れずに。

たばこには有害物質が含まれていて、吸っている人だけではなく、周囲にも迷惑がかかります。
百害あって一利なしなので、できれば禁煙したいものです。
それが無理なら本数を減らす、別室で喫煙するなどの心配りをしましょう。