病産院によって異なる医療措置、あらかじめ相談しておきましょう

医療処置を負担に感じる場合は事前に相談しましょう

出産時に行われる医療処置は、赤ちゃんやママを助けるために行われるのですが、医師によっても処置をするかどうか意見が分かれています。
慣例的に行われてきた処置の中にも、明確な医学的なメリットが認められないとされるものがあります。
ママ自身も、これらの処置を負担に感じてしまうことがあるようです。

そのため、最近では医療処置を最低限にとどめる傾向にあります。
病産院によって施される処置は異なるので、処置を行うかどうかを事前に確認しておくといいでしょう。
多くの病産院は、ママの意見を尊重して希望に応えるように努力してくれますので、疑問に思ったことは遠慮なく尋ねましょう。

 

出産時の医療措置

(分娩監視装置)

端子のついたベルトをおなかに当てて、赤ちゃんの心拍や動き、陣痛の間隔や強さなどをチェックします。
ベルトを着けていると身動きが取れなくなり、痛みを乗り切りづらいので、必要に応じて着けることが多いようです。

(てい毛)

会陰切開や会陰裂傷のあとで縫いやすくするために、陰毛の一部を剃ります。
また、陰毛についた細菌が赤ちゃんやママの傷口に感染するのを防ぎます。
帝王切開の場合も陰部周辺をてい毛することがあります。

(浣腸)

たまった便が、赤ちゃんが下りてくるのを妨げないようにするためです。
浣腸の刺激で陣痛が強くなることを期待することもあります。
また、いきんだときに便が出て、細菌感染しないよう、赤ちゃんを清潔に保つ役割もあります。

(点滴)

途中でトラブルが起きてもすぐに対処できるように、点滴をして血管を確保しておくのが目的です。
特に問題がない場合はブドウ糖や生理食塩水を注入します。
必要に応じて陣痛促進剤などに切り替えることもあります。

(導尿)

膀胱に尿がたまっていると赤ちゃんが下りにくくなったり、陣痛が弱まることがあります。
そのため尿道にカテーテルという細い管を通して尿を出します。
出産直前で動けないときなども必要に応じて行います。