出産の進み方に合わせた呼吸法をマスターしましょう

肩の力を抜いてリラックスしましょう

陣痛が始まってから赤ちゃんが誕生するまでのお産は、大きく3つの段階に分けられます。
まずは分娩1期。
10分間隔の陣痛が始まってから子宮口が全開大になるまでの時期で、お産のなかで最も時間がかかります。
陣痛は徐々に増し、持続時間も長くなります。
また、陣痛と陣痛の間隔も短くなってきます。

この時期は入院室や陣痛室で過ごします。
痛みがそれほど強くないうちから呼吸法を始めると、体力を消耗してしまいます。
できるだけリラックスすることを心がけましょう。
陣痛の合間は普通に呼吸して、読書や軽い食事、マッサージなどをしてもらって楽な気分でいることが大切です。

陣痛といきむ力で赤ちゃんが誕生します

子宮口が全開に近づいたら、分娩室に移動します。
いきみ感が出てきたら、あごを引いておへそを見るように背中をしっかりと背もたれにつけ、陣痛のリズムに合わせて助産師や看護師の合図でいきみます。
この段階が分娩第2期で、陣痛といきむ力で赤ちゃんが産道を少しずつ下りてきます。

赤ちゃんの頭が骨盤を抜けると、後頭部が見え隠れする「排臨」になります。
常に赤ちゃんの頭が見えている「発露」の状態になったら、いきむのをやめ、体の力を抜き、短く息を吐く短促呼吸に切り替えます。
この状態でしばらくすると赤ちゃんの頭が出てきて、さらに頭が回転して肩が出て、後は一気に全身が出てきます。
分娩室に入ってから赤ちゃんの誕生までの時間は、30分から3時間程度です。
赤ちゃんの誕生後、5~20分で再び軽い陣痛が起こります。
これが分娩第3期で、軽くいきむと胎盤が出てきて主産の終了となります。