もうすぐ会えるね!体の変化は赤ちゃんからのサインです

出産が近づくと体にいろいろなサインが現れます

臨月に入り出産が近づくと、今までになかった変化が体に現れます。
これは「そろそろお産が始まりますよ」という体からのサインです。

不規則な陣痛を感じたら、前駆陣痛がきた証拠です。
痛みが強くなったり、弱くなったりを繰り返し、本格的な陣痛がそろそろ始まります。
子宮の筋肉が縮んでは休むを繰り返すことでおなかに痛みを感じ、これが規則的になると本格的な陣痛が始まります。

しかし、すべての人が予備サインを感じるわけではないので、臨月に入ったら、いつ出産が始まってもいいよう、心の準備を整えておきましょう。
外出する際は、万が一のときに備え、母子健康手帳や生理用ナプキン忘れずに。

友達や家族に妊婦さんがいたら、お祝いにマタニティギフトを贈ってみてはいかがでしょうか?

出産の予備サイン

(陣痛になる)

赤ちゃんが下がり、腰を圧迫するので痛みを感じるようになります。

(前駆陣痛)

強くなったり弱くなったり下腹部に不規則な痛みを感じるのが前駆陣痛。
まだ本格的な陣痛ではないので様子をみましょう。
陣痛のリハーサルのようなもので、そのままおさまる場合もあります。

(胃がすっきりする)

赤ちゃんが子宮口に下がってくると子宮も下がるので、胃への圧迫がなくなり、不快感が解消されて食欲がわきます。

(おなかが張る)

赤ちゃんが下がってくると子宮の収縮が始まり、おなかが張ります。
最初のうちは、痛みはありません。

(恥骨が痛む)

赤ちゃんが下がってくると恥骨や足の付け根が圧迫されて、ひきつるような痛みを感じます。

(おりものが増える)

赤ちゃんがスムーズに産道を通れるようにするために、白くて水っぽいおりものが増えます。

(胎動が少なくなる)

頭を下にして赤ちゃんが骨盤内に納まるので、動きにくくなり胎動が少なくなります。

(トイレが近くなる)

子宮が膀胱を圧迫するので、トイレの回数が増えます。
さらに、腸が圧迫されて便秘になることもあります。