つわりは妊娠初期の代表的な症状|つわりがあっても赤ちゃんは元気

つわりがあっても赤ちゃんは元気

多くのママが経験するつわりの原因は、未だにはっきりわかっていません。
妊娠によってhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの分泌量が増えてホルモンバランスが急激に変化するため、ママの体が赤ちゃんを異物ととらえて起こす、一種のアレルギー反応という説があります。
つわりの時期や症状には個人差があり、ほとんど感じない人から、吐き気が強くまったく食事ができなくなる人もいます。
環境の変化や妊娠への不安などがストレスとなり、つわりを悪化させるともいわれます。

つわりがひどく食欲がない人は、「食べたい時に口に入るものは食べられるだけ」が基本です。
赤ちゃんはまだ数センチですし、ママよりも優先的に栄養がいくようになっていますから、安心してください。
ただし、吐く回数が多いと、必要な水分や電解質(ミネラル)が不足し、ママの体は脱水症状を起こしてしまいます。
スポーツドリンクや糖分・塩分などが入ったドリンクなどで、水分補給をしましょう。

1日に何度も吐いて、食事ができなくなると、脱水症状や栄養障害を起こし、ママの体は弱ってしまいます。このようにつわりが悪化し、日常生活を送れなくなる状態を妊娠悪阻といい、通常のつわりと区別します。