出産と産褥期|育児の基礎知識③

母乳と同じに好きなだけ飲ませる

哺乳量は個人差がありますので、いちがいには決められません。しかし、たいていは目安がミルクの缶に記載されていますので、その指示にしたがってください。栄養や消化面からいうと、勝手に濃くしたり、薄くしたりするのは感心しません。また、一度開封したら変質のおそれもありますから、1カ月で使い切るくらいの缶の大きさがよいでしょう。
溶かし方は、最初にビンに3分の1ほどの熱湯を入れ、定量の粉ミルクを加えた後、溶けるまでよくビンを振ってください。溶けたら、ぬるま湯で定量まで薄めていきます。最初の1カ月は、母乳と同じように好きなだけ飲ませます。

おむつの上手な替え方

おむつの交換は、それこそ日に何回となく繰り返されます。尿や便から、赤ちゃんの健康状態をチェックするには、これほど絶好の機会はないわけですが、それでも、あまりに頻繁ではお母さんは疲れてしまいます。
でも、暖かい心のふれ合いの場でもあるわけですから、やさしく声をかけながら、こまめに替えてあげましょう。
おむつは交換だけではなく、洗濯もなかなか大変です。最近は紙おむつの品質もずいぶんとよくなっていますから、利用の仕方によっては、洗濯という労働から多少は解放されます。

友人や家族に妊婦さんがいたら妊娠祝いを贈ってみては?きっと喜ばれますよ!

最新記事