6歳ごろまで使用する母子健康手帳。ママと赤ちゃんの健康記録ノートです。

出産の過程を後々まで残す大切な記録です

母子健康手帳は妊娠中のママと赤ちゃんの様子だけでなく、出産後の子どもの成長の様子なども記録できる大切なものです。
1人1冊交付されるので、双子の場合は2冊になります。

母子健康手帳は病産院で妊娠と診断された後、各市区町村の役所や保健所に妊娠届を提出すると交付されます。
自治体によって手続きが異なる場合があるので、事前に確認しましょう。

母子健康手帳があると、さまざまな行政のサービスを受けることができます。
妊娠健診費の補助や、自治体の主催する母親学級に無料で参加できるサービスがあります。
また、引っ越しをしても、移転先でそのまま使うことができます。

妊婦健診のたびに病産院や助産院に提出し、診療結果や妊娠経過を記入してもらいます。
外出時に突然気分が悪くなったりしても、初めてかかる医師に妊娠の状態を伝えやすいので、常に持ち歩くとよいでしょう。
出産後は、子どもの成長記録や予防接種などの受診状況を書き込むことができます。
小学校入学ころまで、大切な記録を残すことができます。

妊娠届を提出すると受けられる行政サービス

妊婦健診費の補助

妊婦健診の基本検査や血液検査が無料になる補助券がもらえます。
市区町村によってサービスの内容は若干異なりますので、妊娠届を提出する際に確認しておくと良いでしょう。

母親学級への無料参加

各市区町村が主催する母親学級に無料で参加することができます。

妊娠中の無料診断

妊娠中に不安なことなどがある場合、市区町村から委託を受けた助産師や保健士に無料で相談できます。
訪問指導などもあります。

療養補助

妊娠高血圧症候群などの病気や異常分娩などの治療によって、予定より治療費がかさんでしまったときの補助制度です。
各自治体の窓口で相談してみましょう。

最新記事